コンテンツへスキップ

神奈川の出会いで一瞬視線を感じた

男は変態です

いつまでも女性として見たい

ユニクロから帰国したとき
私は再び訓練します

神奈川で出会いが見つかる場所に行ってみた

変態かもしれません神奈川の出会い
眠いけど目覚めて隣の部屋を見ると
あなたはここにいませんどこに行きましたか出かけた?車を見に行ったら…
とりあえずトイレに行ったのでトイレが空いていたのでドアを開けました。
キーをロックしてください...神奈川の出会い
今まで閉じていた目が開かれました。

目の前にあるはずの海も、少年の横たわる体も無く、永遠に続くような闇しかありません。

そして、壁は見えませんが、気づかないうちにほこりだらけの空間にいます。

あっという間に起こったこの現象に夢中だったのではないかと思いました。

再び、木がきしむ音やきしむ音や素足で歩く足音がすぐ近くで聞こえ、心の落ち着きが間近でした。

神奈川の出会い突然、暗闇の中に人の魂のような小さな赤い炎が現れた。

明滅する明かりはろうそくのようですが、目の前にいる後ろの人を見ると、その人の正体に驚きました。

小さなバラが散りばめられた柄のドレスを着た中年の女性でしたが、服は毒青色でした。

「あら、あなた!」神奈川の出会い

ろうそくの火で女性が顔を近づけると笑顔になった

「ついにあなたはあなたの小さな男の子の顔すら忘れてしまいました。あなたがこの中にいる限り、あなたは私と一緒にいることができます。彼は彼にそれを与えることは確かですか?」

それから、あごを軽く持ち上げ、なめるような表情でそれを見ました。

女の後ろに目を忍ばし、扉は開いたままで、後ろの窓から外の世界の明るい光が輝いている。

今しかない…!神奈川の出会い

しかし、起き上がろうとしても、身体は何も聞こえず、逃げようとする思いだけが怠惰です。

神奈川の出会い腕はほとんど動いていないようで、女性の視線が一瞬私から外れると、ろうそくが相手の顔に押し付けられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です