コンテンツへスキップ

神奈川で私たちは出会いから離れる

「隠された神奈川」

私たちの影は広島と一緒です

その日が来て、休みは私の影に来る
愛の神奈川から離れる
命を脅かすシャドウマン

季節の言葉は日中にあり、夏の終わりには季節の言葉です。幼少期の言語は日の森

神奈川 出会い

 

正午から約3時、夏の日差しが最も強い日。人間と動物の両方が暑さに耐える時です。

毎日の蝶の感動的な音
(松瀬緑)
ニスモリと松の油が松林の匂いを嗅ぐ
(A川龍之介)
地獄の絵を見る
(佐藤信子)
ニスモリとフロツサムの櫛
(五木なつき)

秋は毎年8月7日頃、または次の暑い夏の前日までです。
季節の神奈川をする場合は、秋の日を知る必要があります。これは、真夏の挨拶から秋の晩夏の挨拶に変わるためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です