コンテンツへスキップ

当時は考えてみる川崎の出会い

「石と菊」

考えて見てください。

川崎の出会い
旅行者はキャンプに行きます。

手頃な価格の石を探して

私は枕の上に置いていたでしょう!川崎の出会い

私が古代の人について考えると、

川崎の出会い
当時の人々は枕として何を眠るでしょうか?
おもう。

調べれば、

草の枕、木の枕、石の枕、

セラミック枕、竹枕、

菊倉らがいた。

「菊倉」

気にしませんか?

謎が解けば

あなたは思いませんか?

私だけですか?

"それでおしまい!"

そして声を出しました。

聞いても説明できないし、納得できない。

それはどうですか?

川崎の出会い言われているだけなので。

ですから、「菊倉」を見れば、

菊の花を乾燥させたもの

ぬいぐるみ枕があります。

 

悪を得る

頭痛がします

目の疲れを取り戻す

効果的です。

また、菊の香りに

癒し効果があります

古代の人々が好む

私はそれを使ったようです。

天武天皇の時代には、谷川を流れる

菊水を飲むと川崎の出会い

百歳の長寿

得ると言われています川崎の出会い

酒のブランドへ

慣れるようになりました。

菊松、菊水、千代千代

"そうですか!"

私は言うでしょう。

誰と話していますか

それは古代の人です。

納得できない川崎の出会い

古代の詩人の詩へ

"山の暦日なし"

山での生活の中では、
苦情はありませんので、

今何ヶ月かわからないという詩があります。

私はちょうど松の木の下に来た、

私は石の枕で安らかに眠ります。

山での生活は

カレンダーがないから

ひどい風邪は治った、

雪の音が水を溶かします、

私は春に来たことを知っていますが、数ヶ月間知りません。

そんな、景色に

いつ

私は問題を抱えている

小さいことに注意してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です